商品情報

アライグマ 駆除/箱罠で被害対策を!(アナグマ・ハクビシンにも対応)

バネ式扉でアライグマを逃さずキャッチ!

アライグマ捕獲用 箱罠です

 

組立済みなので設置がスムーズです 現在、アライグマ(アナグマやハクビシンなど)による被害は主に山間部だけではなく都心部にまで及んでいます。農作物への被害はもとより、住宅街等で人へ危害を加える事件も発生するなど、早急に駆除対策が必要となっている状況です。
このような、アライグマの被害でお困りの方に最適な箱罠をご提案いたします。
組立済みで設定の手間もかかりません。餌掛けもしやすい扉付きなので、一度罠を仕掛けた後でも、罠を解除することなく餌の交換が可能です。
また、捕獲後の箱罠の回収時にも鋭い爪で引っ掻かれることがないように安全板を標準装備していますので安心して回収できます。コンパクトなので保管の場所も取りません。

 

組み立て済みなので設置の手間がかかりません!しかも軽量!

製品の説明をする当社スタッフ

 

本製品は、組立済み商品となっているため導入後すぐに使用を開始していただけます。

 

餌掛けしやすい扉付き! 入口の罠をかけたまま餌の取替が可能!

餌掛け扉がついてるので、入口の罠を解除することなく餌の設置や交換が可能です。

 

入口とは反対の位置に、餌掛け扉がついてるので、罠を解除することなく餌の設置や交換が可能です。

 

引っ掻き防止の安全板で持ち手も安心!

回収時の安全性を考え、引っ掻き防止の安全板を標準装備!

 

アライグマ(アナグマやハクビシンなど)の駆除には細心の注意を払わなければいけません。時に凶暴な習性の影響で人に被害を加えることがあるため、捕獲後の罠の回収時も油断してはいけません。網の間から手を出し爪で引っ掻く恐れもあります。
当社では、回収時の安全性も考慮し、引っ掻き防止の安全板を標準装備いたしました。

 

 

アライグマの駅「組立済み 箱罠」セット手順 ※狩猟資格免許必要

STEP1 STEP2 STEP3
セット開始します。

 

ストッパーを上にあげます。

 

持ち手ハンドルを倒すようにして侵入扉を開けます。

 

STEP4 STEP5 STEP6
持ち手ハンドルを押さえストッパーをハンドルの上にセットします。

 

エサ掛けフックとストッパーのセット穴位置を写真のようにします。

 

エサ掛け用扉の差し込みバーナットを緩めます。

 

STEP7 STEP8 STEP9(矢印の方向にフックを引くと侵入扉が閉まります)
バーを抜き取り、扉を開けます。

 

エサ掛けフックを手前に引き出し、エサをフックに掛けます。

 

エサ掛け用扉の差し込みバーを元に戻しナットを締めます。

 

餌の例

アライグマ(アナグマやハクビシンなど)の駆除には、鶏のからあげ、メロンパンなどがよく使われます。

 

 

イノシシ被害対策製品の商品仕様

【特長】

●バネ式扉でアライグマ(アナグマやハクビシンなど)を逃さずキャッチ!!

●組立済みなので設置までに手間がかかりません。

●持ち手部分に、アライグマからの引っ掻き防止の安全板を標準装備。持ち手も安心。

●コンパクトで保管のスペースを取りません。段積も可能。

●餌掛けが楽に行える扉付き。

 

製品写真

 

【製品仕様】

扉仕様 片扉
材質

塗装仕上げ メッシュ:28×28 mm
※ナンバープレート付タイプもあります。

寸法

W350mm×L940mm×H370mm

重量

8.0kg

 

【価格】

販売品 1台 9,200円(税別) 9,936円(税込)

※納入の際に運賃が別途必要です。

 

 

<使用上の注意>

●本製品の設置・取扱いには狩猟資格免許が必要です。(詳細は、お住まいの自治体にお問い合わせください)

●動物愛護法により、「動物をみだりに殺し傷つけた者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処する。また虐待を行った者は30万円以下の罰金に処する。」と定めています。

●本製品は小動物捕獲を目的として製造されています。それ以外の目的ではご使用にならないでください。

●軍手など手袋を着用して捕獲器の取扱いを行ってください。

●捕獲する動物によっては、保護動物である事もありますので必ず役所等に問い合わせてから使用してください。

●小さなお子様がおられる部屋や、手の届く所には危険ですので設置・保管しないでください。

●動物を捕獲した後は、危険ですので網の間から動物を触らないでください。

●動物を捕獲した後は、必ず捕獲器上部ハンドル部を持って運搬などを行ってください。

●本製品は陸上での使用を目的としています。

●水中などでの使用はしないでください。

●設置場所によっては公共施設周辺など設置できない事もありますのでご注意ください。

●捕獲後の小動物処理にお困りの場合は、最寄りの役所などにお問い合わせすることをお勧めします。

0946-23-0711までお気軽にどうぞ 無料相談受付